Farming

新規就農を目指す方

農業用ハウスの建設・設置ならいつでもご相談を

農業用ハウスの建設や設置を通して、新規就農を目指す方のサポートをいたします。これまでに培ってきた技術と経験をフルに活かし、生産者様のお役に立てるよう尽力いたしますので、耐久性ハウスの建築や高設栽培用ベンチの施工などにご興味がある場合は、気軽なご相談をお待ちしています。

新規就農を目指す方

新規就農とは?

新規就農とは、農業法人等へ就職して農業をすることとは違い、自ら農業という事業を興す(起業する)ことを指します。農業法人へ就職して農業を始めることは、新規就農とは言いません。 つまり農作物を育てる仕事のほかに、経営者としての仕事もこなしていかなければならないということです。 経営者としての仕事とは、例えば農業用水・農地・人材の確保、販路の開拓などです。これらを円滑にこなしていくためには、地域の人々との交流を大切にしていかなければなりません。その地域のイベントや伝統行事などが開催されるときには、積極的に参加していく必要があります。また、販路を確保するには営業活動を行わなければなりません。ここが新規就農者にとっては大きな壁になることが多いようです。しかし、いくら質の高い作物ができたとしても、魅力を知ってもらわなければ誰も買ってくれないので、営業をかけてできるだけたくさんの売り先を確保しておきましょう。

新規就農に必要なもの

新規就農するにあたって必要なものは、たくさんありますが、『覚悟』が必要です。 特に大切なのが、資金です。全国農業会議所の調査によると、新規就農のときに用意した自己資金の平均額は232万円で、就農した1年目に実際に必要となった金額は平均569万円(※新規就農相談センター調べ) 加えて、新規就農後しばらくは現金収入がないため、貯蓄で生活していかなければなりません。となると、少なくとも1000万円は用意しておいたほうがよいでしょう。 次に大切なのは、技術になります。同じ日本でも、地域によって気候はまったく異なります。 そのため、マニュアルを読んだだけでは作物を上手く栽培できないことがあります。まずは新規就農したい地域にて、農業のノウハウを学ばせてもらうことをおすすめします。また、土地や設備も用意しなければなりません。しかし、いざ土地を借りようとしても、そう簡単には貸してくれない可能性があります。まずは研修などに参加して、信頼関係を築くことから始めましょう。設備は、新品を購入しようとすると莫大な費用がかかります。最初は中古のものを購入したり、研修先のものを使わせてもらったりするほうがよいでしょう。